バストアップと女性ホルモン

バストの構造

バストアップ,片手間バストアップ

バストの小さい人とバストの大きい人とではバストの構造が違うからじゃないかと思う人もいると思います。

 

バストは90%の脂肪組織10%の乳腺で構成されています

乳腺を守るように周りを脂肪組織が囲んでいます。バストの大きい人も小さい人も乳腺の数は一緒です。

 

ではどこで大きさの違いがでるかというと脂肪組織の量で大きさの違いがでてきます。

 

脂肪組織を増やす為には乳腺を発達させる必要があります。乳腺を発達させるのに必要なのが「女性ホルモン」です。

女性ホルモン

女性ホルモンは卵巣で生成されます。脳の視床下部が下垂体に指令を出し、下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌します。

 

この性腺刺激ホルモンには2種類あり、黄体体化ホルモン卵胞刺激ホルモンが卵巣に働きかけ女性ホルモンが分泌されます。

 

また女性ホルモンにもエストロゲンプロゲステインの2種類を分泌します。

 

 

 

エストロゲンの働きは排卵の準備をするホルモンになっており生理が終わる直前から排卵前に分泌量が増えます。このエストロゲンが女性らしいバストやくびれたウエストを作ってくれるのです。

 

プロゲステインは黄体から分泌される女性ホルモンで排卵を促す効果をもっています。
プロゲステインが多く分泌されると生理前のイライラやむくみなどの症状が起こります。
 
バストアップを目指すには女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌が必要不可欠になっています。