バストアップと食事

バストアップ食事

 

バストアップ

バストアップの方法として手軽に始められてお金のかからない方法として考えられるのが食べ物ではないでしょうか。

 

効果がある栄養素としては、イソフラボン・ボロン・タンパク質・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCなどがあげられます。
では実際に各々の栄養素がどのように効果がるのか。

 

ボロン(ホウ素)

バストアップ,片手間バストアップ

ボロンは女性ホルモン中の1つである“エストロゲン”の分泌を活性化させてくれます。
この“エストロゲン”の分泌量がバストアップに多いに関係してくるのです。
キャベツに多く含まれておりそれ以外にも、りんごやぶどう、わかめなどにも多く含まれています。

 

イソフラボン

バストアップ,片手間バストアップ

イソフラボンは“植物性エストロゲン”とも言われ、女性ホルモン中の1つであるエストロゲンに似た働きをするので、バストアップには欠かせない成分です。

 

イソフラボンは大豆製品に多く含まれており、豆乳での摂取がオススメです。

 

食生活を大豆中心にするば多く摂取できますが
多ければ効果が上がる訳でもありませんのでお気を付け下さい。

 

タンパク質

バストアップ,片手間バストアップ

タンパク質は身体の基礎を作る基本的な栄養素ですから、バストの根幹の為にバストアップには欠かせない栄養素です。

 

タンパク質には動物性と植物性の2種類があり、どちらもバランスよく摂取することが大切です。

 

ビタミンA(レチノール)

バストアップ,片手間バストアップ

ビタミンAは肌を強くする働きがあり、バストハリを出して弾力のあるバスト作りに効果がある栄養素です。

 

ビタミンAは、緑黄色野菜に多く含まれており、その中でも色の濃い野菜に多く含まれています。

 

ビタミンB1

バストアップ,片手間バストアップ

ビタミンB1は血行促進効果があるので、血管が張り巡らされているバストには血行促進は大事なことです。

 

血行が良くなると、バストアップに大事な栄養素を乳腺に送りやすくなるわけです。

 

ビタミンB1は、豚肉、ごま、海苔などに多く含まれています。

 

ビタミンB2

バストアップ,片手間バストアップ

ビタミンB2は、脂肪を燃焼させて代謝を上げる働きと赤血球の形成を促し、ビタミンB1と同様に血行促進の効果があります。

 

ビタミンB2は、レバーや卵に多く含まれています。

 

ビタミンB6

バストアップ,片手間バストアップ

ビタミンB6はボロン(ホウ素)と同様に女性ホルモン中の1つである“エストロゲン”の分泌を活性化してくれる作用があるので、バストアップに必要な成分です。

 

ビタミンB6は、レバーや青魚、豆類に多く含まれています。

 

ビタミンC

バストアップ,片手間バストアップ

ビタミンCはコラーゲンを生成する働きがあるので、美肌効果があるのでハリとツヤを与えてバストアップ効果ではありませんが、美乳を作ってくれます。

 

ビタミンCは野菜・果物に含まれており、柑橘系の果物には多く含まれています。

 

ビタミンE

バストアップ,片手間バストアップ

ビタミンEは、女性ホルモンを整える作用があり、女性ホルモン中の1つである“プロゲステロン”の基になり、血行促進により神経や筋肉への栄養素を送り込みバストの筋肉アップにつながり、美乳作りに効果があります。

 

ビタミンEは緑黄色野菜やナッツ系に多く含まれています。

 

 

 

 

 

以上紹介した栄養素以外にも色々ありますが、バストアップ以外にもアンチエイジング効果や美肌効果、ダイエット効果、女性の多くが悩んでいる便秘・貧血など様々な効果があります。
しかし、気を付けてもらいたいのが過剰摂取です。

 

中には必要以上に摂取しても蓄積されないものもありますが、過剰摂取すると体に悪影響をもたらす可能性もあったりします。ですので、バランスよく適度に摂取するのが好ましいのです。